本日のあさイチ

IMG_20190624_094725

#KuTooについてどう考えるという御題。

仕事のときや就活中に女性がパンプスやヒールのある靴を履くことを求められることに異議を唱える「#KuToo」と呼ばれる運動が広がっています。
番組では、なぜ女性にパンプスやヒールが求められるのか、そしてその必要性について、みなさんからの声をまじえて考えました。

ーNHKあさイチホームページより引用ー








事の発端→話題になった経緯はWikipediaより引用します。

↓↓↓

2019年1月24日、石川優実さんはTwitterにおいて、職場でハイヒールの着用を女性に義務づけることは許容されるべきではない、と述べた[2]。この発言のリツイート回数が数千回に及び、また、ほかの女性たちから足や背中の痛みを訴えるコメントが寄せられる様子を見た石川は、#KuTooの運動を始めた[2]。石川は、特定の種類の靴を着用することを女性に義務づけている企業について、これを禁止するよう厚生労働省に求めるための署名をChange.orgで募った[2]

この運動をきっかけとして、多くの女性たちが、足にできた痣や肉刺の写真を投稿したり、不快感や苦痛を詳しく述べたりするようになっている[2]。しかし、その一方で、ハイヒールの着用を女性たちに義務づけることは革靴の着用を男性たちに義務づけることと同じである、といった反発の声も上がっている[2]

2019年6月3日、石川は、職場で女性にハイヒールの着用を強制することを禁止するよう求める要望書を、18,856人の署名とともに厚生労働省に提出した[3]。5日の厚生労働委員会において、厚生労働大臣根本匠は、業務の上で必要かつ適切であればハイヒールの着用を強制することは社会的に受け入れられる、と発言した[4][5]厚生労働副大臣高階恵美子は、女性がハイヒールを着用することは強制されるべきではない、と述べた[6]


↑↑↑ここまで



この#KuTooの発起人 石川さんは

#KuToo問題の根本にあるのは「性差別」であり、「ジェンダーの問題」。

と言う。


私も広い視野で見た時に性差別・ジェンダー問題であると思います。


男性も革靴が辛いという方もいらっしゃるでしょうが、まず世の中の男性は1週間丸々パンプスを履いて過ごしてみるべき。


こんなにも痛いのかと痛感するはずです。


幸い私はもうパンプスを履く仕事ではないけれど、パンプスを履いたまま走らなきゃいけない人達を通勤中に見ていたりします。


あれ本当に辛いですよね。


パンプス脱いで裸足でダッシュした方がマシなくらい。


靴擦れは当たり前。

外反母趾も当たり前。

親指や小指が内側に曲がっちゃってる女性もよく見かけますよね。


あれは完全にパンプスの窮屈さにやられたやつだろうな。


健康は足からです。

その足を仕事で痛めつけられていいわけが無い。

それに危険ですよ。

ヒールで歩いただけで躓いて転ぶ人もいるし、満員電車で人の足を踏んでしまう人もいる。


そりゃ好きで履いてる人は構わないと思うのです。


でも今回のこの議題は「マナー違反」「パンプスは義務」「履かないなら社会人失格」みたいなハラスメントを受けて苦しい思いをしている人達の心情に寄り添うべきもの。


元からパンプスが好きな人もいるので、中には苦痛じゃないよって人ももちろんいます。


私も昔は可愛いと思って高いヒールのパンプスをプライベートでも履いてました。


でもそれはプライベートだからいいの。


仕事となると別。


プライベートは脱ぎたくなったら脱げるけど仕事は脱げない。


番組ではCAさんの養成所みたいな所へ取材に行き、これからCAさんになるかもしれない方にも話を聞きました。


彼女は「綺麗に見せるのも仕事」みたいなことを言っていたと思います。


そこで小島慶子さんがとても真っ当な事を言っていて、初めてテレビに向かって頷きました。


CAさんのように飛行機の中で乗客を守る立場である方が高めのヒールのパンプスを履いていたら守るべき時に守れないですよね。


だからCAさんこそパンプスではなく履きやすい靴を履いて欲しいという。


綺麗に見せるのが仕事ではなく、乗客の安全を守り快適な旅を提供するのがCAさんたちの仕事だと私も思います。



それから冠婚葬祭業もそう。

結婚式や葬儀に関わるお仕事の人は動きやすい靴を履いてもマナー違反だなんて呼ばれる筋合いはないでしょう。

恙無く業務遂行できれば構わないじゃないですか。


お洒落は足元からとよく言うけれど、しっかり業務遂行するためにはお洒落なんて言っていられないです。


そりゃボロボロの靴はダメだけど、今はお洒落で落ち着いたペタンコ靴やカジュアルになりすぎないスニーカーもあります。


スーツを着るお仕事でもスニーカーの人がいて構わないと思います。


営業職の方などは痛い革靴やパンプスで1日歩き回ったり、可哀想。


それで外反母趾や足を痛めて仕事に支障が出る方が困ります。


私の働く職場には違う部署ですがスーツの方・事務の制服の方がいます。

その人達の足元は地味めなペタンコ靴またはスニーカーです。


その理由は「毎日のことだから少しでも負担を少なく」というものだそうです。


そして番組で取材したいくつかの職場もスニーカーOKな会社がありました。


いろんな職場で自分にとって快適な靴を履けるようにしたっていいじゃない。


マナー違反ってそもそも何よって。


もっと言えば女性はパンツスーツNG

スカートじゃないとマナー違反なんて事を言う人もいるし、マナーブックにもそんなこと書いてたりするこの日本…遅れすぎ。


冠婚葬祭マナーブックに書いてあるのがとても怖いですよ。

パンツスーツを着用するのはパンツスーツでなければいけない何らかの理由が必要なんですって。


本当にバカバカしいと思いません?


女なんだからスカート履けとか何様じゃい!


パンプス然り。


女なんだから、男なんだから、だから何?


って感じ。


#KuTooという運動が起きて「これだからオンナは」とか言ってる輩は一生パンプス履いて生活してろって思っちゃう。


本当に辛い人は辛いんだから。


見た目もそこそこ大切だけど仕事のしやすさの方が大切。


お客様に真心込めて接していれば靴なんて関係ないでしょ?


みんなもっと気楽に生きようよ。


靴ひとつで社会問題になってるとか他国からしたらびっくりよ。


え?パンプスが義務なの?え?それでみんな怒ってるの?え?みたいな。


早くこの世の中の女性がもっと自由にもっと気楽に仕事を楽しめる環境を作って頂きたいし、私たちも作ってもらうだけでなく作っていかなきゃいけませんね。


今日のあさイチでは思春期の発達障害とかも題になっていて見応えのあるものでした。


途中、地震発生したため発達障害の件は最後に少しまとめて終えちゃったけど。


思春期の発達障害の人は大人になるに連れ症状が落ち着いてくる人もいるそうで、ただそこに至るまでが難しいですよね。


学校の現場ではそれがなかなか受け入れられていなくて教師さんたちはちょっと困っちゃってるそうな。


学校の先生たちもそういうのを学べる場が欲しいでしょうね。


でもただですら忙しい先生たちがそれを学ぶために時間を割くのも大変だよね。


今この日本の社会人たちって本当に余裕が無い気がする。


モンペも居るし、クレーマーだらけだし。


生きるって大変。


なんて朝から絶望した次第です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ